君はどんな瞳でわたしを見ていた? 二人卒業式

作品番号 1647373
最終更新 2021/09/02

君はどんな瞳でわたしを見ていた? 二人卒業式
恋愛・青春

6ページ

総文字数/ 8,783

リンネとミナモは男女の友情で繋がっていると思っていた。けれど、卒業式の前日に担任が言った言葉は、
「1年の時から、ミナモが
好きなんは リンネ、お前や。」
だった。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop