カンバスに灰を撒く

作品番号 1646314
最終更新 2021/08/31

カンバスに灰を撒く
恋愛・青春

33ページ

総文字数/ 30,340

ランクイン履歴:総合62位 (2021/09/03)



 遠ざけられた美術部。
 
 カンバスに願いを込めて灰を撒いた先輩の姿を

 私はきっと、忘れない。
あらすじ
美術部が描いた絵に惹かれて高校を決めた佐知。しかし、入学したはいいものの、芸術コースが確立しているがために、美術部は存在を否定されていた。すると、突然話しかけてきた先輩・高嶺によって案内されたのは、佐知が入学するきっかけになった絵の作者・香椎と二人で活動している非公認の美術部だった。学校側が存在を否定する理由であり、唯一彼らが展示に出せた文化祭のあの絵と香椎には、ある秘密が隠されていて――。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

pagetop