叛逆の玄竜妃と黒鱗の王

後宮ファンタジー

小谷杏子/著
叛逆の玄竜妃と黒鱗の王
作品番号
1636384
最終更新
2021/04/30
総文字数
31,858
ページ数
7ページ
ステータス
完結
いいね数
56
ランクイン履歴

総合7位(2021/05/09)

後宮ファンタジー10位(2022/08/11)

ランクイン履歴

総合7位(2021/05/09)

後宮ファンタジー10位(2022/08/11)

──だから、私は彼に会うために生まれたの。

心の奥で生きる〝彼女〟が言う。

悠久の時を越えてもなお再び廻り会う〝その日〟まで、魂は永遠に廻り続ける。
あらすじ
生贄の少女、香月は逃亡を図るが神の怒りを買い、呪いを受ける。
それは、魂を廻らせ、何度も生まれ変わっては生贄となる死よりも重いものだった。
三〇〇年後、彼女は琳香月として生まれ変わり、呪魂者として不遇な生活を強いられていた。しかし、霧国の皇帝・尹宇静に出会うことで香月の暮らしは一転。後宮での生活が始まるが……?
これは不遇な少女が悠久の時を経て、幸福を手に入れるまでの物語。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

ごめんなさい。話の内容がよく解りません。しかも最後に急に呪いが解けたとヒロインの元に皇帝が訪れる場面って。

2023/11/25 04:02

この作品のひとこと感想

すべての感想数:64

小谷杏子さんの書籍化作品

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop