玻璃の求婚~雪女の恋~

作品番号 1624057
最終更新 2021/01/17

玻璃の求婚~雪女の恋~
ファンタジー

18ページ

総文字数/ 30,012

ランクイン履歴:総合6位 (2021/01/30)

時は大正時代。
人ならざるものが視える子爵家の長女・華乃子は、その視える『目』により幼い頃から家族や級友たちに忌み嫌われてきた。
実家に居場所もなく独り立ちして出版社に勤めていた華乃子は、雪月という作家の担当になる。
華乃子は雪月と過ごすうちに彼に淡い想いを抱くようになるが、雪月からは驚愕の事実を知らされて・・・!?


第13回キャラクター短編小説コンテスト応募作品
テーマ:明治・大正時代のあやかし

<優秀賞を頂きました、ありがとうございます>
あらすじ
時は大正時代。
人ならざるものが視える子爵家の長女・華乃子は、その視える『目』により幼い頃から家族や級友たちに忌み嫌われてきた。
実家に居場所もなく独り立ちして出版社に勤めていた華乃子は、雪月という作家の担当になる。
雪月と過ごすうちに彼に淡い想いを抱くようになるが、雪月からは驚愕の事実を知らされて・・・!?

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:11

この作品をシェア

pagetop