風凪の便りにて

作品番号 1612828
最終更新 2020/09/18

風凪の便りにて
恋愛・青春

109ページ

総文字数/ 51,617

.。*゚+.*.。 ゚+..。*゚+.。*゚ ゚+.*.。+..。*゚+

大好きだった先生とサヨナラをした。

音信不通になってしまい、もう会えないと思っていたのだけど、

『ハナ、喜べ。ソウメイ先生を見つけたぞ』

そう言われて、先生の元へ旅立つ。

沖縄の離島から始まる恋。

.。*゚+.*.。 ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。 ゚+..。*゚+

あらすじ
高木葉凪は幼い頃、有名な書道家である篠宗明に書を教えてもらっていた。
だけど書道教室がなくなり、先生とも音信不通になると大好きだった書道をやめてしまう。
15歳になり、篠宗明が沖縄の離島の月島に住んでいることがわかり、移住を決める。
訳あって、民宿てぃだに住むことになったのだけど、お隣に住むオーナーの孫は同世代のイケメン兄弟で……?

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop