ふしぎ京都クロスライン―壬生の迷子と金平糖―

作品番号 1604731
最終更新 2020/06/17

ふしぎ京都クロスライン―壬生の迷子と金平糖―
ヒューマンドラマ

48ページ

総文字数/ 84,893

ランクイン履歴:総合73位 (2020/06/09)

沖田総司を拾ってしまった。

それもこれも、わたしが引き寄せ体質なせいだ。
百数十年の時の彼方からこの現代へ、沖田総司を呼び付けてしまった――。


京都は学生街の一角にある「御蔭寮《みかげりょう》」で、わたしと彼らの奇妙な日常生活が始まった。

わたし、こと浜北さな。
休学中の大学院生、将来は未定。

沖田総司。
新撰組一番隊組長、病で休職中?

切石灯太郎。
古い石灯籠の付喪神。

巡野学志。
大学に居着いていた幽霊。

風も冷たくなってきた十一月の京都で、わたしと沖田は言葉を交わした。
これは、途方に暮れた迷子が再び道を探し始めるまでの物語。
あらすじ
沖田総司を拾ってしまった――そこから始まる物語。

人工エレキによる利便化が進んだ現代は、天然の「栄励気《えれき》」を豊富に持つ人間はかえって暮らしにくい時代だ。さなもその一人。
さなは、栄励気に満ちた京都の大学に進学し、摩訶不思議な御蔭寮に住むことで居場所を得たと感じていた。だが、いつしか周囲のペースから取り残されている。うまく生きられない。

ねえ、沖田。
きみはなぜこの時代に逃げてきたの?

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

pagetop