ひなたのことはずっと好きだった。
多分、自分が思っている以上に長い片想いをしてると思う。


ひなたに嫌われないよう、必死だった。


それが、ダメだったのかもしれない。


「聖、ご飯はー?」


顔を洗っていたら、キッチンの方から聞こえてきた。


「いらない」


洗面所を出て、自室に向かう。


勉強机の上に置いているひなたと夏希、俺の三人の写真を眺める。
小学校を卒業するときの写真だ。


全員笑顔で、不幸なんて知らない顔をしている。


あのときに戻れたら、どれだけいいだろう。


中学校卒業のときの写真もあるが、ひなたが写ってないから、飾るのはやめた。
天形のことで笑顔になりきれなかったひなたは、写真を撮ることを拒否した。


天形と出会ってから、ひなたも俺も苦しめられた。


と言っても、俺は勝手に苦しんでたみたいなところはあるけど。


ひなたに好きだって言えなくて、幼なじみっていう関係に甘えていたら、奪われて。
影で嫉妬するという、心底かっこ悪いことをしていた。


俺ならひなたを苦しめない。
俺を選べ。


思っても、言えなかった。


「聖、夏希の弁当も持って行ってくれない?」


部屋を出て弁当を取りに行くと、夏希の分も渡された。


「……学校違うってわかってる?」