体育祭が終わって一週間が経った。
楽しい祭りが終わると、学校全体の雰囲気が重くなる。
これから先これといった行事もなく、ただ授業を受けてテストを待つのだから、無理もない。


「勉強しなくてもいい頭になりたい……」


ある日の昼休み、沙奈ちゃんがそんなことを言いながらうなだれていた。


「それは私も一緒だなあ」
「ひなたは頭いいでしょ?矢野も同じくらい賢いし。その頭脳、ちょっとはわけてほしいよ」


沙奈ちゃんはパンの袋を乱暴に開ける。


「えっと……何かあったの?」
「英単語テストの追試」


そういえば夏休みが明けてすぐ、テストを受けて、この前返されたんだ。


「夏休み、勉強しなかったの?」
「夏休みは遊ぶものだと思ってるから」


はっきり言いますね。
でも、わからないことはない。


「だいたい、ただでさえ大量な課題があったのに、なんでテスト?意味ある?必要ある?」
「ちゃんと身についてるかの確認だよ。諦めて追試受けてこい」


生徒会の用事が終わって戻ってきた聖が、沙奈ちゃんに冷たく言った。


「矢野ー……そんなこと言ってもいいのー?」


沙奈ちゃんはスカートのポケットからスマホを取り出した。
それを見た途端、聖は固まった。