「みんな驚いてたね」


五年後の、中学の同窓会の帰り道。
私の隣には酔いつぶれた夏希をおぶった聖が歩いている。


「ひなた第一の夏希が結婚したってな。まさか嵐士と結婚するとは思わなかったけど」
「親友が義理の弟って、面白い関係になったね」


あのややこしい恋愛劇から、私にフラれた同盟をふざけて組んで以来、二人はものすごく仲良くなった。


私が心配していたのがバカらしくなるくらい、二人は高校生活を楽しんでいた。


「なんとなく、嵐士は有川と付き合うんじゃないかって思ってたんだけどな」
「沙奈と?」
「ほら、有川だって本当の嵐士を見ようとしてただろ?」


確かに、沙奈も偽りの近江君を嫌がっていたけど、そもそも問題、近江君を好きじゃなかったんだから、結ばれるわけがない。


「……いや、ないな」


聖も同じことを考えたのか、そう呟いた。


「海崎」


あと少しで家に着こうとしたとき、名前を呼ばれた。
暗くてよく見えなかったけど、近付けばそこにスーツ姿の天形がいた。


私と聖は声を殺して笑う。


「……どうせ笑うならしっかり笑えよ」
「いや、ごめ……似合わなすぎ……!」


結局笑ってしまったわけだけど。


「じゃあ、俺先に帰るわ。ひなた、また明日」