幸せだった長期休みも終わり、新学期を迎えた。
再会を喜ぶみんなの楽しそうな声を聞きながら、読書を続ける。


「ひなたちゃん、おはよ」


高校生になって仲良くなった沙奈ちゃんに挨拶されて、私は本を閉じる。


「おはよう、沙奈ちゃん。久しぶりだね」
「久しぶり。これ、夏休みのお土産」
「ありがとう」


沙奈ちゃんのお土産を受け取って、読んでいた本と一緒にリュックの中に入れた。


「ひなたちゃんは夏休み何してたの?」
「んー……図書館行ったり、家の中で本読んだり……かなあ」
「……相変わらずの本好きだね」


私は照れ笑いを浮かべる。


本は面白くて、違う世界に連れて行ってもらえるような気がして、好き。
でも、それは本だけじゃない。
ドラマも漫画もアニメも。
物語すべてが好き。


「どう?気に入ったのはあった?」
「うん。今回は恋愛ものでね、ちょっと切なくて。でもそこがよくて、それから……」
「ストップ、ストップ。聞いても私、読めないし」


沙奈ちゃんに止められて、頬を膨らませる。


沙奈ちゃんは私と違って、読書が苦手らしい。
それに関して私が言えることは何もないんだけど。


少し興味を持ってくれたらいいな、と思うけど、そうなったらおすすめ場所が言えなくなってつまらないなとも思う。