夏の記憶の彼方

作品番号 1569247
最終更新 2019/08/06

夏の記憶の彼方
恋愛・青春

83ページ

総文字数/ 50,431

・工藤和歌(くどうわか)
都立空高等学校2年 人に好かれる一方で家族との仲に悩んでいる。
いつも死にたいと思っている。毎日昼食を食べた後、屋上のてっぺんに立つことが日課。

・芹沢暁(せりざわあかつき)
都立空高等学校2年 和歌のクラスメイト
いきなり、屋上に来て、いつ死ぬか分かると言い放つ謎の少年。

この二人は死ぬということに対して、日々考えているが、それは一体何のために、誰のために死ぬのか。

生きる意味が見出せない二人の想いをあなたはどう思いますか?

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop