ひがし茶屋街 雨天様のお茶屋敷

作品番号 1566280
最終更新 2020/01/04

ひがし茶屋街 雨天様のお茶屋敷
ヒューマンドラマ

174ページ

総文字数/97,885

ランクイン履歴:総合25位 (2019/08/27)

舞台は金沢、加賀百万石の城下町。
ある茶屋街の最奥にひっそりと建つ大きなお屋敷。

そこにいるのは、
人知れず甘味を作る優しい神様と、小さな双子の神使。

甘い和菓子とおいしいお茶で、
やって来たお客様をおもてなしいたします。

もしもこのお茶屋敷と私たちを見つけることができたのなら、
今宵もその傷ついた心を癒やしましょう。




2019,07,29≫ノベマ公開
2019,08,03≫ノベマ完結
※完結後、修正済みです。
あらすじ
祖母を亡くしたばかりの大学生のひかりは、ひとりで金沢にある祖母の家を訪れ、祖母と何度も足を運んだひがし茶屋街で銀髪の青年と出会う。
彼は、このひがし茶屋街に棲む神様で、自身が守る屋敷にやって来た者たちの傷ついた心を癒やしているのだと言う。
心の拠り所を失くしたばかりのひかりは、意図せずにその屋敷で過ごすことになってしまいーー?
神様と双子の神使、そしてひとりの女子大生が紡ぐ、ひと夏の優しい物語。

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:ラブジャスミンさん
ネタバレ
胸が熱くなりました
内容を見る
2019/08/16 22:08

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

すべての感想数:6

この作品をシェア

pagetop