川向こうのアトリエ喫茶には癒しの水彩画家がいます

作品番号 1560889
最終更新 2019/08/08

川向こうのアトリエ喫茶には癒しの水彩画家がいます
恋愛・青春

122ページ

総文字数/122,702

人が去っていく寂しさを、知っていますか?

まわりはみんな前に進んでいくのに、自分だけが取り残されて。
長い間もがき続けて。
それでもどうにもできなくて。

すべてに諦めかけていたとき。

一番好きだった人がまた目の前に現れたら、どうしますか?
そして、その人が自分と一緒に歩いてくれると知ったら。

その手を取りますか?
それとも――。



ーーーーー


ファミレスのウェイトレス 羽田真白(25)

   ×

スランプ気味の水彩画家 九露木青司(28)


ーーーーー

※ 他サイト同時連載中です。
あらすじ
埼玉の片田舎でウェイトレスとして働いていた真白(ましろ)
イギリスでプロの水彩画家となっていた、青司(せいじ)。
真白は十年ぶりに地元に帰ってきた幼馴染の青司に頼まれて、「アトリエ喫茶」の準備を手伝うことになる。
これは二人がお店づくりを通して、地元の人々と関わったり、成長していく物語。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop