。栞の想い出。

作品番号 1558177
最終更新 2019/05/17

。栞の想い出。
恋愛・青春

37ページ

総文字数/9,871

ずっと探してた、あの人をーー


「似てる、お父さんに。
あの人がーー」


古ぼけた図書館。
潰れかけていた図書館の、1番奥の席に
ずっと置かれている詩集。



開いて挟まった古い写真は、、
栞の様にその文章に挟まったままーーーー
ずっと変わらず、動かぬままなんだ。




"今でも君を、愛してる"ーーー。


そのページに書かれている文章に
隠された意味を






私達だけが知っている。。


あらすじ
古い今にも壊れかけている誰もいない図書館。
落ち着けるって思って入った図書館の、1番奥の机にーー何年も放置されていた様な
埃まみれの詩集が
置かれていた。


開いてみると一枚の写真。
「お父さんーー?」

栞の様に挟まり置かれていた詩集。

"今でも、君を愛してる"ーーーーーー。

その意味に隠された真実に涙する。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop