まだ見ぬ春も、君のとなりで笑っていたい

作品番号 1392152
最終更新 2021/03/18

まだ見ぬ春も、君のとなりで笑っていたい
恋愛・青春

200ページ

総文字数/ 126,518

ランクイン履歴:総合1位 (2020/07/28)

恋も、友情も
親との関係も、将来のことも
なにもかもうまくいかない

悲しくて、悔しくて、苦しくて
どうしようもなくて

ひとり泣いていた私のもとに
舞い降りたのは

春の陽射しのように優しい歌声と
天使のような男の子


言葉にならない傷を抱えて
それでも私たちは生きていく

まだ見ぬ春も
君のとなりで笑ってたいから




『だから私は、明日のきみを描く』の
スピンオフ作品。遠子の親友・遥の物語

この作品のキーワード

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:天羽 ひのりさん
ネタバレ
青春を生きる私達へ
レビューを見る

2020/06/02 16:22
★★★★★
投稿者:砂糖°さん
素敵な作品
続きを見る

すごく心情が伝わって、読んでいる自分さえ悲しくなったり嬉しくなったりするようなとても素敵な作品です。

2019/05/05 22:52

この作品の感想ノート

主人公の気持ちに共感出来るところが多くて、感情をむき出しにしているシーンはいつも感情移入して涙が出てしまいます、笑
幾つかの作品が繋がっていたりするのがまた面白いなとおもいます。
汐見さんの作品大好きです

2021/03/16 01:53

はじめまして。Y.AYUNAです。「まだ見ぬ春も、君のとなりで笑っていたい」のお陰で野イチゴに出会いました。ありがとうございます( 〃▽〃)この作品は、本屋で気に入ったので購入させていただきました。これから、他のものがたりも読んでみようと思います。

あゆさん
2021/02/03 16:47

はじめまして、=遥=と申します。
作品読ませていただきました。この作品は自分と重なるところがあって近く感じました。私も変わりたいと強く思いました。この物語をくれてありがとうございました。

=遥=さん
2020/12/20 15:03

この作品のひとこと感想

すべての感想数:334

この作品をシェア

pagetop