さよなら、2%の私たち

作品番号 1711841
最終更新 2023/12/18

さよなら、2%の私たち
青春・恋愛

2ページ

総文字数/ 43,282

ランクイン履歴:

総合:1位(2023/12/03)

青春・恋愛:1位(2023/12/01)



自分の笑った顔が嫌いだった。

自信がなくて、見られるのが嫌で、笑顔を手で隠す。
そうすることで、私は自分の心を守ってきた。


高校に入り始まった“ペアリング制度”。
相性が良いと判定された生徒同士がペアとなり、一年間課題に取り組んでいく。
けれど、相性98%の相手は正反対な男子——沖浦くんだった。


〝自分の笑顔〟を取り戻すための物語。







※12月28日からは、試し読みになります。


あらすじ
<ペアリング制度>
全国の高校で実施されている協調性を育むための教育プログラム。
学生たちを客観的、数値的に評価をするスクールアセスメントを行い、面談、アンケート、筆記試験を基に評価シートを作成し、相性が最もよい者とペアリングされる。相手は一年ごとに変更となり、日直や課題などを共に行い、実施態度や各種課題の結果はスコアとして記録され、進学、就職に於いて最も重要な指標となる。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

すごく素敵なお話です⭐︎
丸いトマトさんの本はものごと一つをとても素敵に表していて大好きです。
これからも執筆活動頑張ってください

2023/12/19 14:06

主人公の気持ちがリアルに描き出されていて、とても心に響きます。
優しい感じで、すごく好きです。
これからの展開楽しみです!毎週見ます!!

*もともと丸井とまとさんのお話とっても好きで、色々読みました!
 なので今回の連載丸井とまとさんでとっても嬉しいです!
 あと初めて見た時思ったのですが、とっても名前かわいいですよね!

2023/11/27 18:55

この作品のひとこと感想

すべての感想数:51

この作品をシェア

pagetop