あの夏の光の中で、君と出会えたから。

作品番号 1211057
最終更新 2020/10/13

あの夏の光の中で、君と出会えたから。
恋愛・青春

121ページ

総文字数/ 48,026

ランクイン履歴:総合1位 (2020/10/23)

君と出会った瞬間に

どうしようもないくらい 目を奪われた


君を知れば知るほど

どうしようもないくらい 心を奪われた


こんなにも君に惹かれてしまうのは
どうしてなんだろう


まるで、ずっと昔から


君の澄んだ瞳を

そのまっすぐな心を

花開くような笑顔を


知っていたような気がするんだ―――




『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら』の続編、旧版です。
こちらに大幅加筆した新版が、ノベマ!で10/19~連載されます。
https://novema.jp/book/n1617017


あらすじ
転校先の中学校で出会った
不思議な女の子

周りから少し浮いていて
不良だとか噂されていて
皆から怖がられている

でも、俺は気づいてしまったのだ

彼女はーーー


「いじめとか、最低!」

「冗談でも『死ね』とか言うな!」

「仕方ないなんて言い訳、しないでよ」

「……生まれ変わり、って信じる?」

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:ことねさん
めっっっっちゃ好き
続きを見る

語彙力無くなるくらいすごい好きです

2021/06/22 15:09
★★★★★
投稿者:北見 凛さん
ネタバレ
最高です。
レビューを見る

2020/08/15 16:29
★★★★★
投稿者:ミツキ1103さん
大好き
続きを見る

このシリーズを読むのは何回か分かんないぐらい読みまくってますが、話の内容は分かってるのに、いつも、大号泣しちゃいます。私が今まで読んできた小説の中で、1番大好きなお話です。

2019/07/20 23:05

この作品の感想ノート

初めまして。汐見さんの作品はどれもとてもいいものだと思います。登場人物の言葉一つ一つがとても心にささって、まるで自分がその本の中にいるかのように感じさせてくれます。
「あの花が咲く丘で君とまた出会えたら」の作品は友達からおすすめされて読んだのですが、今まで読んだ中でも、たくさんのことを感じさせてくれる作品でした。百合とあきらの惹かれあっていく姿を見てドキドキもしたし、戦時中の日本と現代の日本を比べ、自分はなんていい時代に産まれることが出来たのか、この未来を守ってくれたたくさんの若者の思いを無駄にしないよう、精一杯いきていきたい。そんなふうに思わせてくれる作品でした。この作品に出逢えて、汐見夏衛さんの作品に出逢えてとても幸せです!素敵な作品をありがとうございました。これからも応援しています!

なかなさん
2021/05/27 20:05

「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたなら。」を読ませていただきました。
この本を知ったきっかけは,本屋のおすすめの本ということで紹介されていたからです。
今では,私の中の1番大好きな本です。
すごく号泣したし,この本の内容に心を打たれました。
また読み終わったあとにタイトルを目にして再び心を打たれました。
私はまだ中学生です。
こんなにも早くこの本に出逢えたことに感謝しています。
もし,読書感想文の課題が出たら1番にこの本を選びます。
本に出てくる主人公の百合。私は百合の花の花言葉を調べました。
ー純潔,無邪気,甘美ーなどといった意味でした。
そのままの百合を表しているんだなと思いました。
私はこの本を読んでいた当時は反抗期でしたが,読み終えるとなんてしょうもないことをしてるんだと自分が馬鹿馬鹿しくなりました。
その日から私は周りに感謝の気持ちを忘れず毎日を過ごしています。
こんな当たり前に生きていることは彰のように戦争を終えたからこそ過ごせる日々だと思います。
2度と戦争はしてはいけない。
私は感謝の気持ちを忘れず誰にでも優しくできるような大人になれるよう毎日を過ごしてい来たいと思います。
このような本を出品してくださってありがとうございました。

ANAM_さん
2021/05/21 22:47

「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」から、後日談まで読ませていただきました。
読んでいくうちにどんどん感情移入していき、いつの間にか涙が溢れていました。
戦争は忘れては行けないことだと改めて実感でき、戦時中の厳しい環境の中での切ない恋が、とても胸に刺さりました。
ありがとうございます
これからもファンとして、応援させていただきます。

杏璃さん
2021/04/04 12:40

この作品のひとこと感想

すべての感想数:2,982

この作品をシェア

pagetop