いつか、眠りにつく日

青春・恋愛

いぬじゅん/著
いつか、眠りにつく日
書籍化作品
作品番号
762593
最終更新
2017/05/10
原題
いつか、眠りにつく日
総文字数
71,724
ページ数
264ページ
ステータス
完結
いいね数
583
■□■□■□■□■□■□■□■□

6作目です

今回は、久々に
「青春ジャンル」です

感想ノートや

レビューいただけると

励みになります!

■□■□■□■□■□■□■□■□

『第8回ケータイ小説大賞』

大賞&進研ゼミ中学講座賞を授賞しました
これは、夢なのか、、、

応援してくださった皆様のおかげです!

書籍版発売させていただきました。

追加エピソードが増えたり、
ラストが大きく変わったりしてます。
書籍版もよろしくお願いします。

こちらは加筆修正前のものとなります。

皆様、本当にありがとうございます!

2014年3月25日 単行本発売

2016年4月28日 スターツ出版文庫 発売
(縦書き&全編改編)

2019年6月25日 単行本を文庫化 新装発売

2019年6月28日 「いつか、眠りにつく日2」
スターツ出版文庫 発売

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:月野さん
かっこよかったです!
続きを見る

面白かったです。

2021/03/25 14:53
★★★★★
投稿者:Nia.さん
ネタバレ
ページをめくれば涙零れる
レビューを見る

2020/02/15 09:57
★★★★★
投稿者:陽向 葵さん
忘れられないお話でした
続きを見る

私も小説を書いているのですが、こんな話が書けたらいいなとこんなにも心から感じた綺麗で素敵なお話は初めてです。 1番最後の1文でとても切なくなって、蛍ちゃんがこの後どうなるかを想像して心が痛くなりました。 このお話は文庫本を買って何度も読み返そうと思います。

2019/11/23 18:00

この作品の感想ノート

感動しました … !
ついつい何度も読んでしまいます …
蛍ちゃんの気持ちを想像すると泣けてきて、
自分が死ぬと思っていたのに、おばあちゃんや栞ちゃん、蓮くんが死んでしまうという
想像できない展開でした!
最後、おばあちゃんと栞ちゃんは沢山蛍ちゃんに話しかけるのに、
蓮くんだけあまり話しかけていなかったので、蓮くんがなんだかかっこよく見えました。

素敵な作品をありがとうございました。

水木暖さん
2024/01/07 09:50

もう、感動です!
最後の最後で、結末が変わりってビックリです!
私もこんなに素敵な小説を書いてみたいなー!
私、自殺を考えていた時がありまして、その時の自分に読ませてやりたいw
1日1日、悔いのないように過ごしたいと思います。
これからもがんばってください!

2023/09/21 21:46

もう…本当にボロ泣きです。
なんだかいろんなことに気付かされた気がします。
これからは、一日一日大切にしようと思います。

2022/08/30 22:50

この作品のひとこと感想

すべての感想数:4,231

この作品の書籍情報

いぬじゅんさんの書籍化作品

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop