ペパーミントは朝の底で

青春・恋愛

梅野小吹/著
ペパーミントは朝の底で
作品番号
1727202
最終更新
2024/06/20
総文字数
9,976
ページ数
1ページ
ステータス
完結
いいね数
27
ランクイン履歴

総合6位(2024/06/27)

青春・恋愛3位(2024/06/26)

ランクイン履歴

総合6位(2024/06/27)

青春・恋愛3位(2024/06/26)



先生の唇に触れてなくなる、タバコの灰が羨ましかった。


あらすじ

二十代を折り返し、同級生は結婚ラッシュ。
元クラスメイトの結婚式に呼ばれていた私は、高校時代に恋焦がれた副担任の矢野先生と再会する。
二人で三次会を抜け出した私たちは、キラキラ輝く夜の街へ。

雨降る深夜の帰り道。
先生と元生徒。
タバコの煙とミントガム。

この夜が終わる頃、私の思い出は、どこにたどり着いているだろう。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:14

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop