イケ神様は推されたい〜オタク女子は推しを推すように神を崇める〜

作品番号 1654370
最終更新 2022/01/28

イケ神様は推されたい〜オタク女子は推しを推すように神を崇める〜
あやかし・和風ファンタジー

5ページ

総文字数/ 29,200

ランクイン履歴:

総合:7位(2021/12/12)

舞台俳優の高瀬臣を推している鈴花は、舞台のチケットの当選確率を少しでも上げようと日頃から信心深かった。
あるとき、仕事帰りに小さな神社に手を合わせたことで、そこの神様に家まで着いてこられてしまう。
人々に忘れられ休眠していたという神様は、鈴花の高瀬臣を推す熱意にあてられて目覚めたということで、その影響で高瀬臣そっくりの姿をしている。
いくら推しにそっくりでも得体の知れない神様と同居なんてできないと思う鈴花だったが、「ワシを推せば願い事を叶えてやる」と言われ、チケット運を少しでも向上させたいため、神様に〝ジン様〟と名づけ、一緒に暮らすことに……。

神様✖️推し事✖️オタク女子 好きが加速するほっこり日常ファンタジー
あらすじ
舞台俳優の高瀬臣を推している鈴花は、チケット運を少しでも上げようと日頃から信心深かった。
あるとき、仕事帰りに小さな神社に手を合わせたことで、そこの神様に家まで着いてこられてしまう。
人々に忘れられ休眠していたという神様は、鈴花の高瀬臣を推す熱意で目覚めた影響で彼そっくりの姿をしている。
同居なんてできないと思う鈴花だったが、「ワシを推せば願い事を叶えてやる」と言われ、一緒に暮らすことに……。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

推しそっくりの神様が出てきて、願いを叶えてくれる♡ 最高〜!ドキドキ💓ハラハラ、しんみり…そして笑顔(o^^o)とっても面白かったです♪

ちあきさん
2021/12/07 23:48

この作品のひとこと感想

すべての感想数:19

この作品をシェア

pagetop