されど歪んだ愛した悪魔は知らない

作品番号 1651863
最終更新 2021/10/31

されど歪んだ愛した悪魔は知らない
ファンタジー

8ページ

総文字数/ 11,197

ランクイン履歴:総合38位 (2021/11/04)

「舌に油でも塗っているのかしら。だから悪魔は口が達者だっていわれるのね」
「うん、君のそういうドライな所もいい。僕は君が好きだ。愛している」
「はいはい」

 彼女は悪魔を嫌悪するが、ついてくる悪魔との会話を別段嫌ってはいなかった。
 彼女自身、修道服を着ているのは武装と同じなのだろう。「自分はまだ大丈夫だと」言い聞かせるため、薄く脆い自尊心だと悪魔は分析する。

「うんうん、いいですね。本当に素晴らしい」

 ちろり、と悪魔は舌なめずりをする。
 美しく尊い魂ほど、あっさりと砕けてその色を変えるのだ。
 堕落する瞬間が愛おしくて──それが見たくて人と仲良くしようと、言葉巧みに取り入る。
あらすじ
終末とも呼べるゾンビだらけの世界。
シスターは一人の悪魔と出会う。旅をするシスターはゾンビを倒す元派遣執行官だった。悪魔はシスターの破天荒ぶりに驚きつつも興味を持つ。
その悪魔は人間が堕落し魂が濁るのを待っていたのだが、シスターと関わっていくうちに、変わっていったのは悪魔自身だった。
※【その想いの意味を悪魔が知った日】からタイトルと内容を一部改修しています。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

pagetop