「ご馳走様でした。今日はもう上行くね」

 夜ご飯を一足先に食べ終わった(さくら)がお皿を片付けながら言う。
 なんだか元気がないような……?

「今日はドラマは見ないの?」

 いつも食後はドラマを見ているからお母さんが聞く。

「うん。課題多いからさ」

 苦笑いをし、2階へと上がっていった。


「……珍しいわね」

お母さんがボソッと呟く。



 俺は心配で、気づいたら桜の部屋の前に来ていた。
 ノックをすると「どうぞ」という声が聞こえる。

 入ってみると机に向かって何かを書いていた。
 ほんとに課題が多いだけかもしれない。
 でも、元気ないように見えたから聞いてしまう。

「桜さ、なんかあった?」

 桜の手が一瞬止まる。
 でも、またペンを走らせる。

「なんもないよ」

 相変わらず嘘が下手だ。
 桜は嘘をつく時、罪悪感からか少し声が上擦る。

「なんでいつも気づいてくれるの?」

 それは……ずっと見てきたから。

 なんて、そんなこと言えるわけもなく、何か違う言葉を探していると桜が悲しそうに呟いた。


「……(あおい)ちゃんと喧嘩しちゃった」

「え?」

 葵ちゃんと呼ばれる女の子はたしか桜が3年生になってからできた友達だ。
 よくふたりでどこか出かけたり、家にもたまに遊びに来たりしている。


「でも、私が悪いの。もういない人なんて忘れたらって言っちゃった。葵ちゃんの事情も知らないのに、最低だよね」

 そう言いながら顔を伏せた。

 こんなに落ち込んだ桜、初めて見た気がする。 
 なんとかしてあげたい。

 そう思った俺は葵さんに会うことにした。