モノクロの世界に君の声色をのせて

作品番号 1640043
最終更新 2021/08/03

モノクロの世界に君の声色をのせて
恋愛・青春

46ページ

総文字数/ 49,451

 しぶしぶ入った卓球部の練習をずる休み。
 ぼーっと河川敷で絵を描いていた僕の前に現れたのは——

「私ここで歌うから、聴いててね!」

 図々しくて、自分勝手で、強引な君。
 その歌声が、僕の世界を彩った。

 ※ ※ ※

 隣の中学校同士の男の子と女の子が河川敷で出会い、不思議な関わりを持つお話。
 自分に自信の持てない少年少女の成長記録です。

※この作品はフィクションです。作中の絵画・楽曲・地名などは実在しません。
あらすじ
 幼少期の出来事がきっかけで何かを「好き」だと思う気持ちを見失ってしまった中学生・篠崎秀翔(しのざき しゅうと)。部活の練習を欠席して河川敷で風景画を描いていたある日、隣の中学校の少女・柊遥奏(ひいらぎ はるか)に出会う。美しい歌声を持ち、自分の「好き」に正直な遥奏との関わりが秀翔の日々に色彩を与えていくが、実は彼女にはある秘密があって——

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

こちらにも掲載していたんですね! 新天地でも頑張って下さい。僕は昨日からノベマで連載を開始しましたが、勝手がわからずまだまだ探検気分です(笑)応援しています♪

空高志さん
2021/07/11 10:13

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop