桜の舞い散る春の日に、私はキミに「幸せ」を伝える。

作品番号 1636700
最終更新 2021/05/04

桜の舞い散る春の日に、私はキミに「幸せ」を伝える。
恋愛・青春

4ページ

総文字数/ 583

あらすじ
「ねぇ、キミは今まで幸せだった?」彼女の問いに僕は揺らいだ。
関住泰喜がずっと片思いしていた幼なじみの國枝紗菜は帰らぬ人となった…はずだった。朝起きると何故か彼女が亡くなる一ヶ月前に戻っていた。泰喜は、彼女を救うため距離を縮める。しかし、ある日泰喜は彼女がいじめられていたことを知る。どうして…と苦しむ中やはり彼女の優しさに惹かれる。一方で着々とその日は近づいていく。泰喜は、紗菜を救えるのか?

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop