無色透明な君の声

作品番号 1610247
最終更新 2020/08/02

無色透明な君の声
恋愛・青春

31ページ

総文字数/ 95,851

ランクイン履歴:総合54位 (2020/08/10)

未設定
あらすじ
 高校二年生の森田碧は、新学期初日に事故に遭う。
 碧は事故の後遺症で人の心の声が聞こえるようになってしまう。
 そんなある日、『死にたい』という心の叫び声が碧に届く。その声の主はいじめられていたクラスメイト、雪乃令美のものだった。
 雪乃は失声症で声を発することができず、常に一人ぼっちだった。
 碧は雪乃の心の声を聞いて会話をし、二人は毎日放課後の時間だけ交流するようになる。
 

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop