ひも解き靴屋の履き心地

作品番号 1606177
最終更新 2020/06/13

ひも解き靴屋の履き心地
ミステリー

17ページ

総文字数/ 121,300

ランクイン履歴:総合96位 (2020/07/16)

偏屈な靴職人が、靴にまつわる客のトラブルや謎を『ひも解く』、日常ミステリー。
読めば生活に役立つ靴の豆知識も身に着きます。

※表紙画像は、h****************mさんによる写真ACからの写真です。
あらすじ
高校女子陸上部の跡部(あとべ)鞘香(さやか)は、壊れたランニングシューズを修理しに靴屋を訪れる。

靴屋の店主は時代錯誤な言葉遣いの朴念仁だが、腕は一流。シューズの破損は何者かに人為的に傷付けられたものだと見抜く。

誰が鞘香の靴を壊した『犯人』なのか……?



他にも、さまざまな靴にちなんだ事件を『ひも解く』うち、店主と鞘香は互いに好感を持つようになる。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop