あの日くだけた世界のかけらを集めても

作品番号 1603784
最終更新 2021/08/26

あの日くだけた世界のかけらを集めても
恋愛・青春

94ページ

総文字数/ 90,552

ランクイン履歴:総合8位 (2020/06/26)

あの日、あたしたちの世界は二つに分かれてしまった。

永遠に続くと思っていた二人の時間。

それが終わってしまうなんて思ってもみなかった。

康輔のいない世界で康輔を探すあたし。

探そうとすればするほど、康輔の痕跡が消えていく。

そこに隠された真実を知ったとき、待ち構えていたのは永遠の別れだった。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:極陽さん
切ない
続きを見る

あの時、事故で亡くなったのは康輔でなく、本当はかさねだった。康輔が生き残った世界では、かさねの存在は消えていないことに絶望し、狛犬にあることを願った康輔。第4章から読んでいて😢が止まらなかったです。

2020/11/24 14:39

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:6

この作品をシェア

pagetop