天国までの49日間

作品番号 1566320
最終更新 2019/07/16

天国までの49日間
[原題]天国までの49日間
恋愛・青春

8ページ

総文字数/1,547

死んで初めて辿り着いた真実とはーー。

これはひとりの少女の死から始まる、不思議な物語。
あらすじ
14歳の折原安音は、クラスメイトからのいじめを苦に飛び降り自殺を図る。
死んだ直後に目覚めると、そこには天使が現れ、天国に行くか地獄に行くか、49日の間に自分で決めるように言い渡される。
幽霊となった安音は、霊感の強い同級生・榊洋人の家に転がり込み、共に過ごすうちに、死んで初めて、自分の本当の想いに気づく。
一方で、安音をいじめていたメンバーも次々謎の事故に巻き込まれ―。

目次

この作品の感想ノート

某書店で表紙とあらすじに惹かれ購入。
いじめというのは世の中ではどうやっても無くならないんだなと実感しました。悪霊と戦いながら自分の弱さ、過ちを知り後悔している状況を見るとなんとも言えない感情が湧き出て来て読みながら号泣。本を濡らさないように必死でした(笑)まだ学生の私でもよく理解できる文面でとても楽しく読むことが出来ました!

由花さん
2019/08/04 20:24

いじめられたこともあるし、いじめてしまったこともある自分にとって、とても心に刺さる作品でした。
今ある現状が変わって、気づいても取り返しがつかないから、この本を通して、今ある幸せを感動を、実感できるようにしていきたいと感じます。
榊くんの言葉を忘れず、今ある人間関係を大切にしていきたいと思います。

2019/07/26 18:46

学校で読んだのですが、安音の気持ちにすごく共感できて、夢中になって読んでしまいました。私は、この作品を読んでから相手の気持ちを考えて行動できるようになりました。
この作品は以来のな人に感動を与える作品なんだなと思いました。

2019/07/24 15:40

この作品のかんたん感想

すべての感想数:24

書籍化作品

天国までの49日間

スターツ出版文庫

天国までの49日間

この作品をシェア

pagetop