僕らの声は、聞こえたか。

作品番号 1560977
最終更新 2019/08/11

僕らの声は、聞こえたか。
恋愛・青春

402ページ

総文字数/ 108,068

ランクイン履歴:総合51位 (2019/11/08)

きっと、思い出す。



瞳が合うだけで恥ずかしくて
声をかけるだけで精一杯で
君宛の返信に30分も悩んでた



君と見た、初恋の日々を。




「私は、日向君のことが――……っ」



あの日の私の声は、届きましたか?




(恋が何かを知るには充分すぎて)
(君を知るにはあまりにも短すぎた)


この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop