25時の光

作品番号 1555213
最終更新 2019/04/20

25時の光
恋愛・青春

6ページ

総文字数/ 11,450

ランクイン履歴:総合27位 (2020/06/21)

まだ、夢を見ていたい。

花火が終わるまでは。

でも、いつかは消えてなくなってしまうんだろう。



追記:ノベマ!編集部オススメ小説にて紹介されました。お読みいただきありがとうございます。
あらすじ
――人ってさ、死んだらどこに行っちゃうんだろうって考えることがあるんだよ。

中学二年生の夏。
幼馴染の男の子、一沙がだんだんと大人びてきたことに不満を抱く蓮。
ある日、一沙が夜中に花火を見に行こうと言い出し、蓮は不思議に思いながらも彼についていく。
真夜中に話す一沙の心に触れて、蓮はようやく答えを見つけ出した。
しかし、彼は――

大人でも子供でもない時間に終わりを告げるお話。

目次

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop