星空は100年後のレビュー一覧

平均評価星数 ★★★★★ 5.0
★★★★★
投稿者:Rワゴンさん
いいお話でした☆

すごくいいお話だったんですが字が間違ってたりしてたので
読みづらかったですㅇㅁㅇ;;

2018/03/31 01:10
★★★★★
投稿者:和泉りんさん
ネタバレ
美しく輝く
内容を見る
2015/12/24 12:00
★★★★★
投稿者:Aki*さん
見えるようになったものは。

大嫌いだった。いなくなってしまえばいいと思ってた。私から大切な人と時間を奪っていく、あの子なんて……。


大事に想う人がいるからこそ生まれる、嫉妬という気持ち。それがとても上手く表現されていて、まるで自分が美輝になったかのように、胸が苦しくなるシーンが幾つもありました。読んでいる間、「これでいいの?」って、美輝と一緒に考えることが沢山ありました。

恋人だったり、友人だったり、家族だったり、“大事”には色んな種類があること。当たり前なんだけど忘れがちなことを、改めて教えてもらったような気がします。

少し不思議な数日間、美輝が見えるようになったのは…あるはずのない彼女の姿だけではなく、人が人を大事に想う気持ち。

「星を壊す」と言った美輝ちゃんは、最高にカッコ良かったし、本当の意味で強くなったなって思いました。

間違いなく、読者が主人公と一緒に成長出来る小説です。

2014/11/06 02:35
★★★★★
投稿者:水瀬和奏さん
ネタバレ
ゆるしの物語
内容を見る
2014/10/19 13:53
★★★★★
投稿者:楓 十色さん
タイトルは語る

ただただ純粋に面白かった。

主人公と一緒に笑って、泣いて、悩んで、苦しんで。時々そんな主人公を横目に外から「あんたも鈍いね」なんて突っ込んでみたり。

野いちごに、それこそ星の数ほどある「泣ける物語」の中で、もし読者に選ばれるなら、是非こういう作品・作風・文体であって欲しい。
そう切に願います。

何よりタイトルが素敵でした。きらきらと輝いていて、どこまでも透き通ったこの作品にピッタリでした。

2014/10/17 19:43
★★★★★
投稿者:KIMORIさん
100年後も、つづいていく

「ずっとそばにいるよ」
そう約束してくれた、あの日。あれから随分経つけど、今も君はずっと守ってくれて、隣にいてくれる。

君がくれる星のモチーフ。約束、わすれてないよ、の合図。
私、星が好きなわけじゃないんだよ。君のことが、ずっと、ずっと好きだったんだよ。

なのに、少しずつ変わっていく。
私たちを壊していく、あの子のことが、大嫌いだった。


おどろきの展開を、美輝と一緒に過ごしているみたい。そのくらい引き込まれる物語です。
何より、胸がぎゅうっと痛くなるほど切ない気持ち。美輝たちの想いが伝わってきました。

ーー星になるなんて100年早いんだよ。

フシギなあの子と交わした言葉で、変わっていくココロ。あの子とぶつかって向き合えた、戻れない思い出。苦しかったけど、受け入れることができたからこそ。
美輝たちがこれから創っていく100年は、泣いて笑って、美しく輝いていくと思います。

2014/09/25 21:54
★★★★★
投稿者:夢雨さん
100年と、それから1日

笑うことができる居場所と、泣くことができる居場所。それが同じだという人間もいるかもしれない。だけどなかには、違う人間もいるかもしれない。

雅人くんの前で無理して笑う美輝ちゃんは、とても滑稽で、だからこそとても愛しかったです。
そしてそれは、町田さんも同じ。
いがみあって、嫌いあって、ひとりの男を取りあって。よくある話かもしれないけど、そうじゃないなあって。
彼に、笑ってほしい。だけど自分の前で泣いてほしい。ふたりは違うようでとても似ていて、ふたりともが愛しくてたまらなかった。

美輝と目を覚ました町田さんの100年。雅人と美輝の100年。雅人と町田さんの100年。
そして、やっと泣ける場所を見つけられた美輝と、それを不器用に、けれど優しく見守っていくであろう賢、ふたりの100年。
読み終えたあと、彼らの100年が、とても楽しみになりました。

2014/09/25 21:13
★★★★★
投稿者:秋野桜さん
ネタバレ
生きて、そばにいてよ
内容を見る
2014/09/15 05:45
★★★★★
投稿者:坂井志緒さん
好きな人が大嫌いな人を大切にしていたら

友達を大切にしたいという気持ち。
好きな人に対する恋心。
そして恋敵への嫌悪。

自分の理想通りにいかない現実を受け入れられず
甘ったれていた主人公が成長した瞬間を見て、
読んでいる自分まで成長したような気がしました。

『自分の大好きな人が大嫌いな人を大切にしていたら』

答えをくれる作品です。

2014/09/13 01:12
★★★★★
投稿者:戸川れんさん
北極星みたいな約束

変わること、変わらないこと。
変わるって怖い。
でも、変わるってドキドキ。
変わっちゃうこともあるから、変わらないことがキラキラ輝いたりするよね。
北極星みたいに、ずっと同じ場所で輝いている記憶。
大切に、大切に。
思えば思うほど変化って耐えられない。
誰かを本当に大切に思うことって。
変化もいとおしく思うことだと思う。
それって受け入れがたいこともあるけど。
乗り越えた美輝ちゃんはすごいな。
弱さも狡さも醜さもあるけど、ここで生きているみんなが、それぞれとっても可愛い。(おばちゃん目線)
それってきっと、みんなが一生懸命で、真剣だからなんだなって思う。

みんなが、幸せになれますように。
そう願わずにはいられなくなる。
素敵な作品でした。

2014/09/08 17:33
★★★★★
投稿者:かなさん
星を壊してでも

一番辛かった時。「ずっとそばにいる」。美輝には、そう約束してくれた幼なじみがいる。大切で、大好きで、いつしかそれは恋へと発展して、なのに彼は、別の可愛い女子と付き合いだして…

まさかの展開に驚きながら、終盤。主人公と一緒に駆け抜けていくような感覚に、これぞいいよさんの疾走感!と、夢中でページをめくりました。

大切な人を笑顔にしたい。だから、そばにいたい。何かしてあげたい。いくらそう思っても、そばにいることを必要とされない。本音を、こぼしてくれない。

すごく切なかった。けれど、美輝がそんな自分の気持ちを押しとどめてまで、彼を笑顔にしてくれるモノを捜しに走った時には、キリキリと胸も喉も締め付けられました。

最後のシーンは、終わりの後の、新たな始まり。読み終えて、大切な人と星を見上げたくなる。そんな、爽やかで懸命で、素敵なお話です。

2014/09/08 07:31
★★★★★
投稿者:miNatoさん
ネタバレ
最高の作品!
内容を見る
2014/09/07 21:04
★★★★★
投稿者:愁檎さん
好きと嫌いと、本当と嘘と、命と。

大好きな幼馴染みを奪われた。


奪った女の子は、軽くていい加減で大嫌い。
消えてしまえば良いのに……そう、思ってた。




この物語は人間味のある感情がたくさん溢れている、と強く印象を受けました。

物語にのめり込めばのめり込むほど、時に目を逸らしたくなるほどにキャラクター達の心情が溢れていて。

『好き』『嫌い』『本当の想い』『嘘の言葉』


まるで数多に広がる星のように散りばめられた感情の数々に、読後は沢山考えさせられてしまいました。


大嫌いな者同士なのに。
何故彼女は彼女の前にだけ現れたのか。
読み終えた時には、何となくその意味が分かったような気がします。


想いと、命と、この言い表せない不思議な感覚。
是非、一読して味わってほしい作品です。

2014/09/06 01:49
pagetop