花のかんむり

作品番号 501597
最終更新 2012/04/09

花のかんむり
その他

30ページ

総文字数/ 9,421





。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜





また失敗したオムライス





「ただいま。」


「おかえり。」








今でも時々夢を見る



大嫌い、大嫌い、大嫌い、

でも。大好きだった人―……














「…結婚線の見方が分かりません。」


。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜





※この物語はフィクションです。実在するものとは、一切関係ありません。


※未成年者の喫煙シーンが含まれていますが、法律で禁じられています。
決して真似はしないで下さい。


誹謗・中傷は、ご遠慮願います。





◇◆水羽 凛さま◆◇
◇◆いいよさま◆◇
◇◆蒼空 瀬奈さま◆◇
◇◆KIMORIさま◆◇
◇◆風美鈴さま◆◇
素敵なレビュー
ありがとうございます!





この作品のキーワード

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:風美鈴さん
ネタバレ
どっちを選ぶ??
レビューを見る

2012/04/04 02:56
★★★★★
投稿者:綺森さん
花のかんむり
続きを見る

彼が好き。彼も私が好き。 それはとても幸せな日々。 なのに、差し出された指輪を、受けとるのを躊躇ってしまう。 『結婚線の見方がわかりません』 それは何故? 過去に置き忘れたままの、花のかんむりのせい? 好きだった人。 好きな人。 幸せはどこにある? 幸せのかたちは何? 幸せの色はどんな? 主人公が迷い、思い、想い、見つけたことは? とても感動しました。素敵なお話をありがとうございました*

2011/10/12 19:00
★★★★★
投稿者:櫻いいよさん
枯れない花
続きを見る

成功を夢見て上京したものの、成功とはほど遠い場所に立ち止まったままの主人公。 だけど傍には愛しい人。自分と違って成功した人。 そして差し出された指輪。 今の自分の気持ちが嘘なわけではないのに、差し出された指輪を受け取ることを躊躇う気持ち。 思い出す過去と 思い出す気持ち。 だけど一歩踏み始めたとき、きっと記憶の花は枯れることはないのだろう。 揺れ動く女の子に、ゆったりと進む物語。 ふわりと花の香りが漂うような短編でした。 素敵な作品、ありがとうございました。 「今、幸せ」 その言葉こそ、幸せだなと感じました。

2011/02/24 13:46

この作品のかんたん感想

すべての感想数:23

この作品をシェア

pagetop