足音さえ消えてゆく

作品番号 376292
最終更新 2017/05/10

足音さえ消えてゆく
恋愛・青春

258ページ

総文字数/ 93,634

だれもが感じたことのある
「あこがれ」をテーマに書きました。

いつものように、
『最後の1行にある仕掛け』
をしましたが
、それよりも作品全体の
ストーリーを楽しんでいただけると
本当にうれしいです。

感想ノートにぜひお書きいただけると、
励みになります。
よろしくです。

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:向日葵 咲さん
ネタバレ
揺れる心、想う気持ち。
レビューを見る

2015/02/19 20:25
★★★★★
投稿者:*AKARI*さん
イチオシ作品です(*´`)
続きを見る

いぬじゅんさんの作品は全て読んだことがあります。 (2回、3回、4回読んだ作品もあります!!笑) その中でも、これは特にイチオシ作品です(´`)♪ 最後には期待を裏切らないどんでん返しが待っていますし、 物語全体としても十分すぎるほど楽しめますよ!! いぬじゅんの作品紹介にもありますように 物語にそれほど大きな起伏はありませんが、 それでも先が気になりどんどん読めちゃうはずですよ〜^o^ 季節が冬ということですが、 今みたいにあっつい夏に読むのもいいと思います!! とにかくオススメ、 私のイチオシ作品です★

2014/08/04 22:48
★★★★★
投稿者:つゆのあめさん
恋と憧れと、それから大人への階段。
続きを見る

いつも電車で顔を合わせ、途中まで登校していた涼子が失踪した。 彼女は何故、失踪してしまったのか。 主人公のカナは涼子を捜すために、行動を起こす。 その最中でカナが出逢う、幾つもの出来事。 それは人々の関係だったり、同級生の優斗や菜穂だったり。大学生の小浜だったり。 恋と憧れの狭間で揺れるカナ。 抱く感情に翻弄されながら、カナは大人になる意味の契機を見出していく―――…。 青春を感じさせてくれる、瑞々しい物語です。 それだけではなく、いぬじゅんさまならではのカラクリが仕掛けられております。 このカラクリが大好きで私は、もう一度この作品を読み直したいと思ったくらいです。   最後に「あ、」と思わせてくれる、青春を是非。

2013/04/21 20:15

この作品のかんたん感想

すべての感想数:20

この作品をシェア

pagetop