ひと夏に、線香花火みたいな恋をした。

青春・恋愛

矢田川いつき/著
ひと夏に、線香花火みたいな恋をした。
作品番号
1725722
最終更新
2024/06/08
総文字数
6,785
ページ数
1ページ
ステータス
完結
いいね数
14
ランクイン履歴

総合12位(2024/06/08)

青春・恋愛6位(2024/06/07)

ランクイン履歴

総合12位(2024/06/08)

青春・恋愛6位(2024/06/07)

私はきっと、このひと夏の夜を忘れない。


※6/8、改稿しました!
あらすじ
高校生だった“私"は、あるひと夏の夜に忘れられない恋をした。
それは、友達と夏祭りに来ていた日。
名前も知らない“彼”は、友達とはぐれて落ち込む“私"を気遣い、励ましてくれた。

「俯いててもさ、笑ってたほうが気分は上向くだろってこと。そっちのほうが、ずっといいよ」

それは一時間にも満たない、線香花火みたいな恋だった。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

拝読しました( ¨̮ )
このシチュエーション大好きです!
線香花火って儚いし、距離が近くなるし、私もドキドキしますよね。終わってしまうまでの時間。火種が落ちて、フッと暗くなる瞬間。タイトルにピッタリな一夜の物語でした。
素敵な作品をありがとうございます✨

りた。さん
2024/07/02 12:18

感想ノート、失礼します。
偶然出会った彼との、線香花火が終わるまでの僅かな時間。
たった数分でも、それは何年も忘れられない大切な時間で。
どれだけ同じ時を過ごしたのかではなく、どんな時を過ごしたのかが大切なんだと感じました。
そしてロマンチックな展開が待っているのかと思えば、なんて切ない再会なんでしょう……
彼がハンカチを見たときになにを感じたのか、妄想が膨らんでしまいます。
この先、二人が再会して言葉を交わすことはないのかもしれない。
でもきっと、あの夜はお互いに忘れられない一瞬になっているのだろうと思いました。
素敵な物語を、ありがとうございました!

2024/06/23 20:48

拝読しました!
もう忘れかけていたあの頃にしか経験できない甘酸っぱい一時。
「今日だけ」と縛りが着くことによって一層の儚さを感じました。
そして、ラストの時を超えて想いを手放すシーンではグッとくるものがありました。

素敵なお話をありがとうございます!!

くじらさん
2024/06/10 16:46

この作品のひとこと感想

すべての感想数:12

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop