君の手の温もりを、永遠に忘れないように

青春・恋愛

矢田川いつき/著
君の手の温もりを、永遠に忘れないように
作品番号
1717027
最終更新
2024/02/17
総文字数
22,608
ページ数
11ページ
ステータス
完結
いいね数
3

大切な人の手の温もり、覚えていますか?
あらすじ
高校生の俊哉は、交通事故に遭い、命を落としたと思った矢先に死神の少年と出会う。
余命の条件付きで、今回の事故をなかったことにしてくれるという死神。たとえ少しだとしても、今すぐ死ぬよりはマシなはずだった。

「お兄さんの余命は、恋人の樋本楓と手を繋いだ回数だよ。残りの数は、100回だ」

俊哉は苦悩しつつも、大好きな楓のために、幸せな日々を終わらせる決意をするが……?

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:碓氷澪夜さん
ネタバレ
生涯の愛
レビューを見る

2024/04/07 17:31
★★★★★
投稿者:まなみんさん
ネタバレ
手の温もり
レビューを見る

2024/02/25 14:54

この作品の感想ノート


初めまして、矢田川さんの作品、読ませていただきました。
余命と聞いて大抵の人は年数を思い浮かべると思いますが、この物語で出てきたのは別のものだったので、その新しい発想に面白みを感じました。
また、登場するどのキャラクターも、姿が頭に思い浮かべられるくらいはっきりとしてい凄いと思います。
最後の展開に驚かされ、同時に主人公になったかというぐらいの喜びが湧き上がりました。
とても素敵な物語でした。ありがとうございます☺️


2024/02/27 13:25

この余命の解釈に、なるほど…と感動しました。視点と設定が素晴らしく、最後まで一気に読ませて頂きました。登場人物の成長と葛藤がきちんと描かれていて、とても良かったです!素敵な物語をありがとうございます🐱

りた。さん
2024/02/18 02:15

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop