大地の姫君と黎明の王

異世界ファンタジー

一ノ瀬亜子/著
大地の姫君と黎明の王
作品番号
1698076
最終更新
2023/09/28
総文字数
129,600
ページ数
72ページ
ステータス
完結
いいね数
10
ランクイン履歴

総合64位(2023/06/05)

異世界ファンタジー17位(2023/06/05)

ファンタジー19位(2023/06/03)

恋愛ファンタジー16位(2023/05/28)

ランクイン履歴

総合64位(2023/06/05)

異世界ファンタジー17位(2023/06/05)

ファンタジー19位(2023/06/03)

恋愛ファンタジー16位(2023/05/28)

"大地の女神"を崇め奉るサンベルク帝国は、遥か昔より、皇女が祈ることにより栄華を築いてきた。
帝国の第13代皇女であるエレノアは、辺境の町で乗馬中に不思議な森へと迷い込む。

そこで出会ったのは、黒い翼を持つ異種族の王だった。

これは、哀しくも、愛おしい物語。
あらすじ
"大地の女神"を崇め奉るサンベルク帝国は、遥か昔より、皇女が祈ることにより栄華を築いてきた。
帝国の第13代皇女であるエレノアは、辺境の町で乗馬中に不思議な森へと迷い込む。

そこで出会ったのは、黒い翼を持つ異種族の王だった。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:21

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop