魔王妃だった転生悪役令嬢はいけ好かない婚約者の拾われ妹にときめいています

作品番号 1683359
最終更新 2022/11/19

魔王妃だった転生悪役令嬢はいけ好かない婚約者の拾われ妹にときめいています
Lize/著
異世界ファンタジー

1ページ

総文字数/ 4,591

ランクイン履歴:

恋愛ファンタジー:47位(2022/11/21)


「わたくしの愛しい魔王様。あの方を悪者にして、わたくしから奪った、聖女も勇者も大っ嫌いですわ!」

魔王亡き後、魔族軍を指揮し、人族の軍と戦い、何度も退けてきた魔王妃リリス。
魔族の国では後の世に彼女の功績は伝説てして語り継がれた。

時は流れ、人族と魔族が平和条約を結び平和になった時代に彼女は魔族の貴族の一人娘エリザヴェータとして転生する。

「今世もわたくし、魔王妃になりますわ!」

何度も見る前世の夢の断片と彼女の育った環境が彼女にそう決意させる。

現代の魔王の息子ゼノンとの正式な婚約が大人たちの都合で決まったエリザヴェータは、彼に会いに、人族を招いた晩餐会を訪れるが、彼女がときめいたのは許嫁のゼノンではなく、ゼノンの拾われ妹カロンのほうで⁉︎

「愛しい魔王様と同じ髪と瞳の色だからって、わたくしは、どうしてあんなちんちくりんな娘を愛しい魔王様だなんて思ったのかしら⁉︎」

カロンと仲良くなりたいけれど、外弁慶なエリザヴェータは、身内以外には高慢な態度で、側から見たら婚約者の妹を苛める悪役令嬢そのもの!

「ち、違いますの! わたくしは婚約者の妹が嫌いで苛めているわけではないのですわ⁉︎」
(むしろ、好きーーっ!!)
 ↑※鼻血が出るのを手で押さえてながら

空回りする悪役令嬢の奮闘記開幕!





※この作品は他所のコンテスト応募予定作品のため2023年2月以降審査が通った場合削除する可能性がありますのでご了承ください
あらすじ
かつて魔族と人族との争いが起こり魔族を指揮した魔王妃リリス。魔族と人族が正式に平和条約を結んだ時代に彼女は魔族の貴族の一人娘エリザヴェータとして転生する。従兄弟のアレクに幼い時、告白されていたがその環境と前世の夢から魔王妃になるのがエリザの目標となり現代の魔王の息子であるゼノンの婚約話が纏まり挨拶に訪れた晩餐会でエリザは許嫁のゼノンではなく拾われ妹カロンにときめいて⁉︎空回りする悪役令嬢奮闘記開幕!

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop