愛しさくらの君へー桜の鬼・現代編-【完】

作品番号 1681167
最終更新 2022/10/21

愛しさくらの君へー桜の鬼・現代編-【完】
あやかし・和風ファンタジー

30ページ

総文字数/ 17,530

ランクイン履歴:

総合:89位(2022/11/15)

あやかし・和風ファンタジー:30位(2022/11/15)

『桜の鬼』から、時代は今にうつる。

夏桜院の子孫、岬李が紅い人物をいるのを見かけた冬森氷室と、その幼馴染、壱川桜葉の物語――。

+++

壱川桜葉
(いちかわ さくは)


冬森氷室
(ふゆもり ひむろ)


岬李
(みさき すもも)



(さくら)

+++

2022.10.20~

さくらぎ ますみ

あらすじ
桜葉と氷室は、教会で桜の古木を見上げる保険医の李を見つける。そのとき氷室は、李が紅い人と一緒にいるのを見るが、桜葉はそんな人はいないという。自分の見間違いかと片付けた氷室だが、その身は事故に遭ってしまう。意識の戻らない氷室の傍にいる桜葉。氷室は、櫻によって幽鬼となり現世に意識を繋ぎ止めていたが、その期限も刻一刻と迫っていた…。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:6

この作品をシェア

pagetop