生きるが吉になるとして

作品番号 1674776
最終更新 2022/08/03

生きるが吉になるとして
/著
ヒューマンドラマ

3ページ

総文字数/ 3,508

ランクイン履歴:

ヒューマンドラマ:14位(2022/08/18)





「生きる理由がないから死にたいのか、死ぬまでの理由がないから生きるのか、今の私は後者を選んでますが、25才の私はどうですか」




例えば人生がままならなくても、
生きるが吉だと思うのだ。


この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop