マイナス余命1日

作品番号 1662600
最終更新 2022/03/25

マイナス余命1日
青春・恋愛

47ページ

総文字数/ 31,999

表紙イラストは「帳カオル」様に描いていただきました……!眼福です(´ω`)
https://twitter.com/tobari_kaoru
※悠木シリーズは現在同じ表紙で統一しています。

続編はこちらで連載中
「お願い、私を見つけないで 〜誰がお前を孕ませた?/何故君は僕から逃げた?〜」
https://novema.jp/book/n1640906
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は間も無く死ぬ。
だから、彼に別れを告げたいのだ。
それなのに……。


一部抜粋しました。お好みの方がいらっしゃればお立ち寄りください。
圧倒的天才イケメン御曹司との身分差悲恋(?)のお話です。

↓ ↓ ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓
「君が自分を卑下しまくってたせいで、僕の心が届かなかった仕返しだよ」
「心なんてそんなの……」

本当はずっと届いてた。
ごめんね、素直になれなくて。
ごめんね、死ぬって分かってすぐに死にたくないって言えなくて。
ごめんね、この瞬間でもあんただけを選ぶことが出来なくて……。

<登場人物>
矢部雪穂:ガリ勉してエリート中学校に入学した努力少女。小説家志望
悠木 清:雪穂のクラスメイト。金持ち&ギフテッドと呼ばれるほどの天才奇人イケメン御曹司
山田:清に仕えるスーパー執事
あらすじ
なぜ、私だけがこんな目に遭うのか。
なぜ、私だけにこんなに執着するのか。

私は間も無く死んでしまう。
どうか、私のことは忘れて…。
だから私は、あえて言う。
バイバイって。


死を覚悟した少女と、彼女を一途(?)に追いかけた少年の
追いかけっこの終わりの始まりのお話。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

pagetop