重たい女と浮いた女

作品番号 1642074
最終更新 2021/07/02

重たい女と浮いた女
恋愛・青春

5ページ

総文字数/ 20,205

短編・再生の物語。
――――――――――――――――――――
他サイトでも重複掲載。
https://shimonomori.art.blog/2021/07/02/heavy/

※本作は横書き基準です。
1行23文字程度で改行しています。

――――――――――――――――――――
姉妹作『浮いた女と重たい女』も同日掲載。
https://shimonomori.art.blog/2021/07/02/standout/
あらすじ
『突発性重力障害』

そう診断された私は、
担当医の紹介で小さな女性と出会った。

私は物を引き寄せる不思議な病気で、
希少疾病であり難病だと彼女は説明した。

原因不明の病は突発性で、
自覚もないので逃げ出すように退院したけど、
自走機械が私の足元にまとわり付いた。

短編・再生の物語。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop