浮いた女と重たい女

作品番号 1642068
最終更新 2021/07/02

浮いた女と重たい女
恋愛・青春

7ページ

総文字数/ 21,372

ランクイン履歴:総合81位 (2021/07/25)

他サイトでも重複掲載。
https://shimonomori.art.blog/2021/07/02/standout/

※本作は横書き基準です。
1行23文字程度で改行しています。

――――――――――――――――――――
姉妹作『重たい女と浮いた女』も同日掲載。
https://shimonomori.art.blog/2021/07/02/heavy/

参照:
エディット・ピアフ Edith Piaf (仏:1915-1963)
・La vie en rose (1946) 邦題:ばら色の人生
・Hymne a l'amour (1949) 邦題:愛の讃歌

あらすじ
『売女の娘』『尻軽女』『淫女』
アタシの悪いウワサが学校中に広まっている。

2年になってクラス委員長を押し付けられ、
新しいクラスでもアタシの居場所はない。

同じクラスで副委員に自らなった、
変わった女子がアタシの隣に立つ。

彼女はアタシを慕っているのか知らないけど、
『ママ』と呼んでつきまとう。おかしなヤツ。

ウワサを知ってか知らずか、
生徒会長がアタシに告白してきた。

短編・青春物語

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop