第2ボタンより欲しいもの。 ~終わらない初恋~

作品番号 1637630
最終更新 2021/08/13

第2ボタンより欲しいもの。 ~終わらない初恋~
恋愛・青春

50ページ

総文字数/ 39,523

ランクイン履歴:総合68位 (2021/05/19)

21歳の麻木(あさぎ)真樹(まき)は、まだデビューして2年目の駆け出しライトノベル作家。本屋さんで働きながら、一人暮らしをしているマンションの部屋でパソコンで執筆する毎日。
そんな彼女には、ずっと彼氏がいない。でも、モテないわけではなく、彼女自身がすべて断っているのだ。
その理由は、「初恋の相手が忘れられないから」。彼女は中学時代、卒業まで丸二年、ずっと一人の同級生に片想いを続けていたのである。
それでも告白すらできず、卒業とともに音信不通となった彼への想いは、5年経った今もなお真樹の中で〝終わらない初恋〟として燻っていた。
そんな4月のある日、真樹のもとに中学校の同窓会の案内状が届く。それと同時に、真樹の片想いの相手だった岡原(おかはら)将吾(しょうご)から電話がかかってくる。
「俺も出るから、お前も絶対に同窓会に出ろよ。お前に伝えたいことがあるから」と。
彼が自分に伝えたいことって――? 真樹はバイト先の店長に有給休暇をもらい、同窓会に出席することに……。
あらすじ
子供の頃からの夢を叶え、ラノベ作家として活動している21歳の麻木真樹には、ずっと忘れられない恋がある。それは、中学校卒業と同時に幕を下ろした、同級生の岡原将吾との初恋。お互いの気持ちも分からず、告白もできないまま第2ボタンひとつもらっただけで、終わったかどうかも分からない。
でも、このままずっとこの恋を引きずっていくわけにもいかない。――そんな真樹のもとに届いたのは、中学校の同窓会の案内状だった。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop