後宮の幻華   ー死にかけ皇帝と胡乱な数日間ー

作品番号 1635313
最終更新 2021/04/29

後宮の幻華   ー死にかけ皇帝と胡乱な数日間ー
ファンタジー

10ページ

総文字数/ 31,999

ランクイン履歴:総合6位 (2021/04/27)

後宮の幻華
ー死にかけ皇帝と胡乱な数日間ー
あらすじ
 瞬 青波は大昔に滅んだ王族の末裔で、特殊な術を受け継いでいた。

 その術を使い、幼馴染みで今は皇帝となった春霞の様子を見守っていたが、突然、彼に対して術が使えなくなってしまう。

 春霞が心配で、後宮で働き始める青波。
 皇帝が死にかけているという話を聞くが、相変わらず術は使えないまま……。

 焦る青波の前に現れたのは、幽体となった春霞だった!?

 こじらせ皇帝×ツンデレ術師=恋愛コメディ

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:2

この作品をシェア

pagetop