初恋はメトロノームと共に去りぬ

作品番号 1628269
最終更新 2021/03/06

初恋はメトロノームと共に去りぬ
恋愛・青春

27ページ

総文字数/ 25,812

ランクイン履歴:総合53位 (2021/03/18)

───人を好きになると
嬉しくなったり、苦しくなったり、情けなくなったり、
こんなに知らなかった気持ちを知るなんて
9歳の頃の私は、思いもよらなかったよ。

そう、私は、私だけの音を奏でる。
私だけのテンポで。
たとえ初恋が散っても───



失恋や夢の挫折をどう受け入れるかといった
小学生女子の葛藤を描きました。
純恋愛小説です。
少女漫画を読んでいたあの頃を思い出して、頑張って描きました。
あらすじ
ピアノをきっかけにクラスメイトの内浜と仲良くなり、そして恋に落ちた"みお"。
しかし、小学校六年生への進学を控えた冬のコンクールで失敗をし、
ピアノを辞めることになってしまう。
一方内浜は町内野球クラブに入ってからどんどん腕を上げ、ますます遠い存在に感じるようになる。
焦った"みお"はラブレターを出すが、事態は思わぬ方向に転ぶことになる。

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:騎月孝弘さん
ピアノの旋律のような文章でした
続きを見る

タイトルどおり、初めての恋とその終わりまで。ほんと、きれいな文章で読み心地がよかったです。主人公が女の子で、彼女の繊細な心の揺らぎが伝わってきました。失恋しても、こんなに清々しく前を向けるヒロイン、素敵です。

2021/03/07 11:36

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

pagetop