『喫茶 ねこまた』物語

作品番号 1624076
最終更新 2020/12/31

『喫茶 ねこまた』物語
莉瑠/著
歴史・時代

18ページ

総文字数/ 17,248

2020.12.17 執筆開始

明治42年の神戸にあった『喫茶 ねこまた』
そこに集う常連客と、不思議でほんわかした店主サクさん。
そしてその喫茶店の名物猫、雄の三毛猫、ミケ太によって繰り広げられる日常ドタバタ物語。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop