人形にしたて上げられた死にたがりの子が、生きたいと思うまで。

作品番号 1610976
最終更新 2020/08/01

人形にしたて上げられた死にたがりの子が、生きたいと思うまで。
ファンタジー

27ページ

総文字数/ 19,447

ランクイン履歴:総合52位 (2020/08/04)

 この世には、アルビノと言う遺伝子疾患がある。
 別名先天性白皮症、または先天性色素欠乏症などどいわれるそれはメラニンが欠乏する疾患のことで、肌や体毛などの色が薄いのが特徴だ。体毛は白から金色までメラニンの量によって変化があり、また紫外線に弱く、視覚障害などもある。
 視覚障害も紫外線への耐性も体毛と同様、メラニンの量によって変化がある。


 アルビノの人間の死体は、アフリカなどの地域では、四肢と性器と鼻と舌を合わせて、合計七百万程で取引される。



 これは、そんなアルビノの人間のフリをして生きろと言われた子供が、幸せになるまでの話だ。


この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop