雨の滴と恋の雫とエトセトラ

作品番号 1588945
最終更新 2020/02/02

雨の滴と恋の雫とエトセトラ
ミステリー

50ページ

総文字数/ 162,305

ランクイン履歴:総合52位 (2020/02/02)

春休み、突然の雨の日に何気に見知らぬ人に傘を貸してしまった。
その後、傘を貸した人が隣のクラスの男の子だと知ってびっくり。
かっこいい風貌から学校ではモテモテの人だった。
声も掛けられず見てみぬフリの毎日だったけどある雨の放課後に
一緒に帰ろうと傘を貸した男の子から突然声を掛けられた。

その同じ日。
話したこともなかった中学時代の同級生が現れ、突然の告白を受けてしまった。

この日から非常にややこしい三角関係が始まった。
でも、そこには何か引っ掛かることがあって・・・

突然振ってきた雨の滴は恋の雫となって降り注ぐ。
雨の日の出会いと過去の記憶の恋ミステリー。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop