さくら坂の縁結び ~今宵、空に舞うは恋の花~
本文


 さくら祭も大盛況に終わり、段々と寒さが身に染みてくる十一月中旬。
 通学路の街路樹の葉はすっかりと色付き、道路を赤や黄色に染上げている。

 隔週の土曜授業があったこの日、雫は友人の夏帆、美紀、優衣の四人でお昼ご飯を食べようと、ファミリーレストランへ向かった。

「何にする?」
「私、特製ハンバーグの目玉焼き乗せ」
「あ、いいね」
「私、和風ハンバーグかな」

 メニューを見ながら、思い思いに注文を決めてゆく。味付けは違うけれど、皆がハンバーグだ。
 このファミリーレストランの売りはなんと言ってもハンバーグで、ファミリーレストランとは思えないほどのジューシーさが評判になっているのだ。

 注文してしばらくすると、笑顔の店員さんが鉄板に乗せたハンバーグを運んできてくれた。フォークとナイフで切り分けると、中から肉汁が滴り落ちる。見ているだけで涎が出そう。
 一口食べると、口の中にお肉とデミグラスソースの味わいが広がった。うん、美味しい!

「うちの近くにもここのファミレスがあってさ、時々家族で行くんだ。やっぱり美味しいよね」

 優衣がお肉を頬張りながら、説明する。
 それを聞いた雫は手元を見て、首を傾げた。

「ファミリーレストランの料理って、アルバイトの人が多いよね?」
「そうだね。一人暮らししている、うちのお兄ちゃんもやっているよ。賄い飯が出るから助かるんだって」
「ふーん」

 雫は、カットしたお肉を眺める。ファミリーレストランに行くと、厨房の求人広告をよく見かける。大抵が、『初心者歓迎』と書かれていた。
 それならば、作っている人達は料理のプロではないはずだ。では、なぜ、どの店舗でも同じ味を再現できるのだろう。
 そんなことを考えていると、浮かれたような声がした。
 
「もうすぐクリスマスだねー。夏帆ちゃんはデート?」

 食事をいち早く終えた美紀が、興味津々な様子で夏帆に声を掛ける。夏帆は「うん、まあね」と、少し照れたように笑った。

「うちは冬休み早々、おばあちゃんの家に帰省だよ」と美紀が言う。
「えー。それならいいじゃん。私なんて、なんにも予定ないよー。花のJKなのにー」

 優衣が頬を膨らませる。

「雫ちゃんは?」
「私も、予定ないよ」
「え? じゃあ、一緒にクリスマスケーキ作らない?」
「いいよ」
「やったぁ! ブッシュ・ド・ノエルにしよう」

 優衣は大袈裟に喜んで雫にハイタッチする。優衣は雫と同じくクッキング部なので、料理が好きなのだ。

「でもさ、その前に期末テストだよ」
「いやー! 思い出させないで!」

 美紀の一言に、それまでご機嫌だった夏帆が両手で頭を抱えて嫌々と首を振る。

「夏帆ちゃん、年明けにコース希望出さなきゃだよ」
「ぐえ」

 優衣がすかさず釘をさすと、夏帆は首が締まったようなポーズをした。その表情がおかしくて、三人はケラケラと笑う。

 まだまだ高校一年生だけれど、大学受験は確実に近づいてきている。
 進学校であるさくら坂高校では、二年生からは文系、理系のコース別授業になる。そのため、その希望を年明けには出さなければならない。

 ──コース希望かぁ……。

 雫はドリンクの氷をかき混ぜながら、これからのことについて思案した。まだ子供だけれど、もうすぐ大人。そろそろ、色んなことを考え始めてもいい頃だ。


< 33 / 68 >

この作品をシェア

pagetop