さくら坂の縁結び ~今宵、空に舞うは恋の花~
本文

 学校の昼休み。廊下ががやがやと騒がしい。
 ペタペタと上履きの踵を踏んだとき特有の足音とふざけあうような男子生徒の声。
 あ、侑希が来たなって、見なくてもわかる。

 ガラッと教室の扉が開くと、少しだけ空気が変わるようなさざめきが聞こえた。友達とお喋りをしていた原田雫(はらだしずく)はちらりと教室の入り口を見る。案の上、そこにいたのは幼なじみの倉沢侑希(くらさわゆうき)だった。襟足が少し長めの明るい茶髪は、汗でしっとりと濡れている。
 きっと、今日もバスケでもしてきたのだろう。

「あっちー、クーラー弱くない?」
「アイス食いてー。さっき俺らが勝ったから帰りに駅前のジェラート屋で奢れよ」
「俺、今月金欠」
「えー、まじか。さてはデートだな!?」
「うるさい」
「いいなぁ、リア充は」 
 
 相変わらず、四人が揃いも揃って大袈裟な位に大きな声。その目立つ男子グループの中心にいた侑希の言葉に、周囲にいた男子生徒は一斉に冷やかし始めた。
 一瞬、侑希がこちらの方を向いたタイミングで目が合う。けれど、その視線はすぐに外された。

「侑希と彼女長いよな。もう二年?」
「……」
「だって、付き合い出したとき、たしか中二だったよな」
「……黙って」

 侑希は少し嫌そうな顔をして同じ中学出身の友人である阿部健太(あべけんた)から目を反らす。そして、まだ汗で湿っている茶色の髪の毛をがしがしと掻いた。

「それよりさ、聡の話を聞こうぜ」
「お、賛成! 賛成!」

 侑希の提案で、健太は今度は同じグループの松本聡(まつもとさとし)にターゲットを変えると、肩を組んで何やらコソコソと話し始める。残る二人も頭を寄せて話し始めた。

「倉沢君、相変わらず彼女とラブラブなんだね。こりゃ、今日も女子生徒はガッカリだね」

 雫の前に座る親友の水野夏帆(みずのかほ)が、顔を寄せてこそっと話しかけてきた。侑希のグループのメンバーがさっきからチラチラこっちを見ている気がするけど、気のせいだろうか。

「そうだね」
「倉沢君の彼女って他校の人じゃん? みんなどんな人か知りたがっているのに、なかなか教えてくれないらしいよ。噂じゃ、すっごい美少女だって」
「ふーん」
「もう。雫ちゃん、興味なさすぎ!」
「そんなことないけど」

 雫は手に持っていたシャープペンシルをクルリと回す。
 勢いよくスピンしたシャープペンシルは、手からするりと抜けて床に落ちると一メートルほど向こうへと転がった。教室の床とシャープペンシルがぶつかるカツンという音が響いた。

「お隣さんなのに、雫ちゃんも倉沢君の彼女さん見たことないの?」
「うーん、ないと思う」

 記憶を反芻(はんすう)したけれど、侑希と女の子が一緒にいるところなんて見たことがない。あの目立つ見た目の侑希がそんな美少女を連れていて、すれ違ったけれど気づかないなんてないだろう。だから、多分見たことないはずだ。

「なーんだ。つまんないなぁ」
「ご近所の幼なじみなんて、そんなもんだよ。意外と会わないって」

 不満げに口を尖らせた夏帆を見て、雫は苦笑した。

 倉沢侑希と原田雫は、自宅が隣同士の幼なじみだ。
 幼稚園から中学校まで、全部同じ。

 自宅から少し離れた場所にあるこの私立高校に入学した雫は、高校こそは絶対に侑希と違うと思っていた。なぜなら、侑希はすごく成績がよかったから、県下一の難関県立高校に合格間違いなしだと誰もが思っていた。

 けれど、ふたを開けたらなんと高校も一緒だった。
 入学式で「よう、雫!」っと声を掛けられたときはものすごく驚いたのを覚えている。なんでも、県立高校の入学試験の日に高熱を出して入試を受けられなかったそうだ。本当に気の毒だと思う。

 キーン、コーン、カーン、コーン、と予鈴が鳴る。
 
 この後の五時間目は苦手な数学Ⅰだ。
 雫は机を漁るとプリントを取り出して、小テストの予習のために目を通し始めた。けれど、ふと視線を感じて顔を上げる。前の椅子を反対向きに向けたまま、夏帆がまだなにかを言いたげにじっとこっちを見つめていた。

「夏帆ちゃん、どうしたの?」
「雫ちゃんはさー、どんな人が好みなの?」
「好み?」
「うん」

 好み? きっと、夏帆が聞いているのは異性の好みのことだろう。

 突然の質問に雫は目をしばたたかせた。
 そんなこと、あんまり考えたことなかったのだ。

「うーん、わかんない」
「えー。でも、誰でもいいわけじゃないでしょ?」
「それはそうなんだけど……」
「じゃあ、どんな人?」

 夏帆は興味津々な様子で追及してくる。雫はうーんと眉を寄せて宙を見た。

「優しくて」
「うん」
「かっこよくて」
「うん」 
「頭がいい人?」
「……。なんで、疑問形?」

 夏帆が苦笑する。だって、わからないものはわからないんだもん、と雫は口を尖らせる。

「急にそんなこと聞いてきて、どうしたの?」

 雫は逆に夏帆に聞き返した。
 夏帆の恋バナを雫が聞くことはたくさんあっても、雫が聞かれることは殆どなかったのだ。いつも聞き役だったのに、珍しい。

 夏帆はよくぞ聞いてくれたとばかりに両方の口角を上げると、雫の耳元に口を寄せた。

「聞いて。私ね、彼氏ができた」
「うん?」
「彼氏ができたよ」

 こそっともう一度囁かれたその言葉に、雫の思考は暫し停止する。

 彼氏? 彼氏……、彼氏!?

「ええー!」

 思わず大きな声を上げてしまい、慌てて口を両手で塞ぐ。
 クラスメイト達が何事かとこちらに注目するのを感じ、「あ、ごめん。なんでもないの」と胸の前でヒラヒラと手を振って誤魔化した。

「どういうこと?」

 これは小テストの勉強をしている場合ではない。
 雫は夏帆に顔を寄せて追求を開始する。

 サッカー部のマネージャーをしている夏帆は、入学当時から同じ部の松本聡に片想いをしていた。つい一週間前まで『今日の練習ではお喋りができたよ』なんて、お昼を食べながらきゃっきゃと報告してくれていたのに、本当にいつの間に!?

 雫はチラッと侑希のいる男子グループを見た。
 侑希とも仲の良い聡は、こちらを見て夏帆と目が合うと口の端を上げる。

 アイコンタクトなんて、なんか本物のカレカノっぽい!
 あ、本物なんだっけ?

「昨日、練習試合の帰りにね、たまたま二人きりになるタイミングがあったから。勇気だして告白したらオッケー貰えた」

 夏帆は雫の耳に口を寄せて、小さな声で説明する。

「そうなんだ……。凄い! おめでとう!」
「うん。えへへ、ありがとう」

 夏帆が照れ臭そうに笑う。

 ──告白。告白かぁ。『好きです』って好きな人に伝えるってことだよね。

 彼氏どころか好きな人すらいない雫にとって、それは未知の世界。

 ──なんか、すごいなぁ。

 嬉しそうにはにかむ夏帆の笑顔はいつも以上に輝いていて、まるで太陽みたいに眩しかった。
< 2 / 68 >

この作品をシェア

pagetop